ふたりだけの結婚式♡【ミニマルウェディング】はメリットもプランもたくさん!

    はじめに

    結婚式はたくさんのゲストを呼んで盛大に…なんてイメージがありますが、最近はあまり派手な結婚式を好まないカップルが増えています。

    「大切な儀式だからこそ人目を気にせず二人だけで分かち合いたい。」

    そんなカップルさんにおすすめの「二人だけの結婚式」をご紹介します。

    ふたりだけの結婚式って?

    ふたりだけの結婚式とは、その名の通りゲストを一切呼ばずに新郎新婦二人だけで挙げる結婚式のこと。ゲストを招待しないので、披露宴もなく挙式のみ行うケースが多いようです。

    ゲストがいる挙式との違いはほとんどありませんが、ひとつ大きく異なるのは挙式の入場。

    通常の挙式の場合は、父親と新婦が腕を組んで入場し、バージンロードを歩くのが一般的ですが、ふたりきりの場合はそれはできません。新郎新婦ふたりで一緒に入場したり、もしくは通常の式のように新郎が先に祭壇前で待ち、あとで新婦が一人で入場したりします。

    ふたりだけとはいえ、結婚式自体は会場スタッフが進行をしてくれ、ふたりでその進行に添って式を進めていく形になります。

    スタッフが拍手などで盛り上げてくれたり、フラワーシャワーを行ってくれるなど、式場によって様々な対応をしてくれます。

    また、披露宴などを行わない分、写真や映像に力を入れるカップルも多いようです。おごそかな雰囲気や、ラフで楽しい雰囲気など、二人だけだからこそ自分たちらしい結婚式が挙げられるでしょう。

    二人だけの結婚式のメリット

    自由に場所や日にちを決められる

    ゲストのスケジュールを考慮しないでおふたりの好きな日にちで挙式日や時間を決めることができます。

    また、会場の場所でも「新郎新婦どちらかの地元で行うか」「ゲストに来てもらいやすい場所が良いか」など色々と迷うもの。そういった悩みがないので、自分たちだけの都合で考えられます

    ふたりの思い出の場所や、少し遠いけれど行ってみたい場所など、ふたりの希望を叶えやすくなります。

    費用を抑えられる

    お金がかかるイメージの結婚式ですが、実際にお金がかかるのは挙式ではなく披露宴です。披露宴会場費や引き出物、料理や演出、会場を彩る装花などに大きく費用がかかるのです。

    ふたりだけで挙式なら、それらの費用をかける必要はありません。最低限必要なのは挙式会場費衣裳代ヘアメイク着付け代などです。

    シンプルな内容であればかなり費用を抑えることが可能です。

    準備も短い期間でできる

    ゲストへの招待状の作成や、引き出物や演出の内容など、時間のかかる準備や打ち合わせの必要がないため、最短1ヶ月程で挙式ができるプランも

    時間に余裕ができる分、二人だけでしてみたい演出やこだわりたい部分などをしっかりとプランナーに相談するのもいいですね。

    リラックスして結婚式を挙げられる

    「人がたくさんいると緊張する…!」なんて方は多くいらっしゃると思います。ふたりだけならリラックスして当日を過ごすことができそうですね。

    ゲストに気を使う必要もないので普段の自分らしく、ゆったりとした気持ちで幸せな時間を感じることができそう♪もちろん、

    「ゲストがいないと寂しい」

    「家族にふたりだけの結婚式を理解してもらえない」

    などのデメリットもありますが、別日に親しい友人たちとパーティーをしたり、家族には写真や映像でしっかりと報告するなどみなさん工夫しているようです。

    ふたりだけの結婚式のプラン6選

    挙式のみの結婚式

    一番シンプルで多いスタイルです。挙式代、衣装、ヘアメイクや写真などが含まれている挙式のみプランが多くあります。

    また、会場によっては特別なプランを設けているところもあるので、色々な会場を比較してみてくださいね。

    国内でリゾートウェディング

    ふたりだけの結婚式では、国内のリゾート地にあるチャペルで結婚式を挙げる人も多いです。沖縄や北海道、軽井沢などが特に人気。

    前乗りしてゆっくり当日を迎えたり、挙式後に新婚旅行を兼ねて観光をしたりなど楽しみがたくさん。

    挙式に加え、宿泊代や食事代もセットになっているプランもあります。

    新婚旅行をかねた海外挙式

    海外での結婚式は、新婚旅行をかねて選ぶカップルが多く、ハワイやバリ島などのビーチリゾートが特に人気です。

    他にもヨーロッパの本格的な教会で結婚式を挙げたい!という方も多く、異国の地での結婚式はとてもロマンチックに過ごせそうですよね。

    また、海外ならではのフォトジェニックな景色の中で写真撮影ができるのも人気のひとつです。

    神社で和装婚

    挙式を行う神社の拝殿はそれほど広くないことが多いため、ふたりだけの挙式にぴったりです。

    昨今はチャペルウェディング主流ですが、白無垢や色打掛といった和装をしたいという花嫁さんも意外と多いんです。

    お神酒を二人で交互に飲む「三献の儀」など、日本人ならではの和の儀式は、ふたりきりのおごそかな結婚式にピッタリです。

    オンライン結婚式

    コロナ禍になり需要が増えてきたオンラインでの結婚式。会場にはふたりだけですが、リモートで家族や友人に見守られながら挙式が行えます。

    ゲストが画面を見ているだけではなく、チャットやコメント欄などでコミュニケーションを取ることもできるので、実際にオンライン結婚式を挙げたカップルやゲストからは「少し心配だったけど盛り上がった!」という声が多いんです♪

    フォトウェディング

    儀式的なことはせずに、写真だけを残すカップルも増えています。お好きなロケーションで撮影し、こだわりの写真をたくさん残しましょう。

    お気に入りの写真が撮れたら、家族や親族への結婚報告にも使えますよ。フォトウエディングのみのプランを用意している会場もあるので、ぜひチェックしてみて下さいね。

    結婚式当日の流れ

    「ふたりだけの結婚式」ということですが、ゲストがいる結婚式との内容の違いはほとんどありません。

    当日はブライズルームなどでドレスやヘアメイクなどのお支度をして挙式会場へ。ただゲストがいないため参列者が歌う讃美歌は省かれることが多いです。

    それ以外は、誓いの言葉や誓いのキス、結婚誓約書へサインなど通常と変わりません。

    プランによりますが、挙式の前にウェディングフォトの撮影をしたり、挙式後はゲストがいないため披露宴は行いませんが、プランに付いている食事をしたり、リゾート地であれば観光に行かれたりと自由度が高く過ごせます。

    おわりに

    コロナ禍になり、ますます需要が高まっているふたりだけの結婚式。

    形式にとらわれず、新郎新婦が望む形での結婚式を挙げるのが一番ではないでしょうか。大切な儀式だからこそご本人たちがハッピーになれる最高の結婚式を迎えてくださいね♪

    トップに戻る