閉じるボタン
ブライダル保険 ブライダル保険

    ブライダル保険はどう選ぶ?大手4社の保険料や補償内容を比較してみた

    はじめに

    昨今、結婚式を挙げる上で注目されているのが、結婚式を中止した場合にキャンセル料などの補償を受けられる「ブライダル保険」です。

    予定通り結婚式を行えることがいちばんですが、キャンセルせざるを得ないアクシデントが起こったとき、多額のキャンセル料がかかってしまうことがあります。
    また、コロナ禍の今は特に、ブライダル保険に加入される方が増えています。

    「どんな保険を選んだら良いのかわからない」という人へ、今回は4社のブライダル保険の内容をご紹介します。

    ブライダル保険(結婚式総合保険)とは

    あらかじめ申し込んでおけば、結婚式の開催前や挙式当日に予想外のトラブルがあった場合、補償を受けることができるのが「ブライダル保険」です。

    例えば、挙式前にアクシデントが発生し、やむを得ず結婚式をキャンセルすることになってしまった場合、多くの結婚式場ではキャンセル費用が発生します。また、キャンセルにかかる費用は式当日に近いほど高額になるのが一般的。

    ブライダル保険に加入していれば、そのキャンセル費用が補償限度額内で支払われます。他にも結婚式当日に備品や衣装を破損してしまった場合なども補償されることがあります。

    次のテーマで、主なブライダル保険4社のプランや補償をご紹介いたします。ぜひご参考にして下さいね。

    「佳き日のために」

    約8万組に利用されている、大手ブライダル保険です。

    3つの保険プランがあり、それぞれの結婚式に合わせた保険が選べるのが魅力です。

    保険料・キャンセル補償限度額

    • Aプラン 保険料5.6万円…キャンセル補償限度額850万円
    • Bプラン 保険料3.6万円…キャンセル補償限度額500万円
    • Cプラン 保険料1.6万円…キャンセル補償限度額150万円

    ※保険料の支払いは1回のみ・掛け捨て

    キャンセル料の補償対象

    • 新郎新婦または新郎新婦の父母・子ども・兄弟姉妹の死亡
    • 新郎新婦または新郎新婦の父母・子どもの傷害または疾病での7日以上の継続入院
    • 結婚式当日に新郎新婦が入院している、または医師による自宅等での待機指示
    • 火災や台風、地震等での新郎新婦の平時居住する家屋が半壊以上、家財が100万円以上の損害を被った場合

    結婚式当日の補償

    • 修理費用補償金(式場の設備や備品)
    • 修理費用補償金(貸衣装)
    • 招待客救急搬送見舞費用補償金
    • 新郎新婦入院一時金

    「Happy Wedding」

    結婚式場アニヴェルセルなどを運営するAOKIグループのブライダル保険です。

    祖父母の方まで対象にできるオプションを付けられるのが特徴。

    保険料・キャンセル補償金額

    • 保険料5万円…キャンセル補償限度額850万円
    • 保険料3万円…キャンセル補償限度額500万円
    • 保険料1万円…キャンセル補償限度額150万円

    ※保険料の支払いは1回のみ・掛け捨て
    ※上記の保険料にプラス数千円〜祖父母まで補償対象に変更可能。

    キャンセル料の補償対象

    • 新郎新婦または新郎新婦の父母・兄弟姉妹の死亡
    • 新郎新婦または新郎新婦の父母・子の傷害または疾病での7日以上の継続入院
    • 結婚式当日に、新郎新婦が入院中、または医師による自宅等での待機指示
    • 火災・破裂・爆発・風災・水災・雪災・地震等での新郎新婦の平時居住する家屋が半壊以上、家財が100万円以上の損害を被った場合

    結婚式当日の補償

    • 修理費用補償金(式場の設備や備品)
    • 修理費用補償金(貸衣装)
    • 招待客救急搬送見舞費用補償金
    • 新郎新婦入院一時金

    「花嫁のお守り」

    全国のゼクシィショップで加入できるブライダル保険

    挙式までの期間と挙式当日に加え、傷害総合保険もあり、新婚旅行や新生活のアクシデントまで補償があります。

    保険料・キャンセル補償金額

    • Aプラン 保険料5.6万円…キャンセル補償限度額850万円
    • Bプラン 保険料3.6万円…キャンセル補償限度額500万円
    • Cプラン 保険料1.6万円…キャンセル補償限度額150万円

    ※保険料の支払いは1回のみ・掛け捨て

    結婚式当日の補償

    • 修理費用補償金(式場の設備や備品)
    • 修理費用補償金(貸衣装)
    • 招待客救急搬送見舞費用補償金
    • 新郎新婦入院一時金

    ※上記と別に、他にハネムーンや新生活に備えられる「THE カラダの保険(個人用傷害所得総合保険)」も加入できます。

    ※携行品補償プラン、日常生活補償プラン、自転車プラン、結婚生活トータルサポートプランなど定額から加入できる保険も付けることができます。

    「結婚式あんしん保証制度」

    国内外で結婚式場を展開するベストブライダルグループが運営する保険です。

    自社運営の式場で挙式をされる方向けに独自に提供している保証制度で、キャンセル補償額が他社より高額なのが特徴。

    保険料・キャンセル補償金額

    保険料10万円…キャンセル補償限度額1,000万円

    ※保険料の支払いは1回のみ・掛け捨て

    キャンセル料の補償対象

    • 新郎新婦または新郎新婦の父母・子・兄弟・祖父母の死亡による結婚式中止
    • 新郎新婦または新郎新婦の父母・子・兄弟・祖父母が、障害または疾病により入院を開始したための結婚式中止
    • 結婚式当日に新郎新婦が入院中、または医師により自宅等での待機を指示されての結婚式中止
    • 火災・破裂・爆発・風災・水災・雪害・地震等での新郎新婦の平時居住する家屋・家財が損害を受けたための結婚式中止

    結婚式当日の補償

    • 結婚式会場の破損・汚損
    • 貸衣装の破損・汚損

    おわりに

    いかがでしたでしょうか。ブライダル保険は保険料や補償内容も各社様々です。それぞれの特徴を比較して、自分たちに合った保険を選んで下さいね。

    おふたりが安心して結婚式を迎えられますように。

    トップに戻る